Skip to content

Web Components について

Web Components とは

Web Components は、再利用可能なカスタム要素を作成し、ウェブアプリの中で利用するための、一連のテクノロジーです。コードの他の部分から独立した、カプセル化された機能を使って実現します。

MDN より引用。要はコンポーネントごとに分割して再利用することができるコードにするってことですね。React や Vue などのコンポーネントベースのフレームワークが最近人気ですが、フレームワークを使わなくても Web の標準に乗っかっていい感じに効率の良いコードを書くことができるのはいいことですね。

Web Components のサンプルは ここ にあります。

Web Components は3つの主要な技術からなり、それらを組み合わせて多目的なカスタム要素を作成します。

  • カスタム要素
    • カスタム要素とその動作を定義するための、一連の JavaScript API です。以降、ユーザーインターフェースの中で好きなだけ使用することができます。
  • Shadow DOM
    • カプセル化された "Shadow" DOM ツリーを要素に紐付け、関連する機能を制御するための、一連の JavaScript API です。 Shadow DOM ツリーは、メインドキュメントの DOM とは別にレンダリングされます。こうして、要素の機能を公開せずに済み、ドキュメントの他の部分との重複を恐れることなく、スクリプト化やスタイル化できます
  • html テンプレート
    • <template><slot> 要素によって、レンダリングされたページ内に表示されないマークアップのテンプレートを書くことができます。カスタム要素の構造体の基礎として、それらを何度も再利用できます。

Web Components の基本的な流れ

Web Component を実装する基本的な流れはこのような感じになります。

  1. Web Component の機能を明示したクラスもしくは関数を作成する
  2. CustomElementRegistry.define() メソッド に新しく作成したカスタム要素を登録する
  3. 必要なら、Element.attachShadow() メソッドを使って、Shadow DOM をカスタム要素に紐付ける
  4. 必要なら、<template><slot> を使って、html テンプレートを定義する
  5. ページ内のお好みの場所で通常の html 要素のように、カスタム要素を使用する

こんな感じです。React や Vue でも同じようなことはしてるはずなので問題なさそうです。

実際にやってみる

実際にやってみましょう。

まずは Web Components を作成します。
ディレクトリの構成としてはシンプルで、ルートに index.jsindex.html が存在します。

index.js

ここでは Web Components の定義を行なっています。
PopUpInfo コンポーネントでは shadow の定義とスタイリング、そしてアタッチをしています。

// index.js 
class PopUpInfo extends HTMLElement {
    constructor() {
      super();
  
      // shadow を作成
      const shadow = this.attachShadow({mode: 'open'});
  
      // span を作成する
      const wrapper = document.createElement('span');
      wrapper.setAttribute('class', 'wrapper');
  
      const icon = document.createElement('span');
      icon.setAttribute('class', 'icon');
      icon.setAttribute('tabindex', 0);
  
      const info = document.createElement('span');
      info.setAttribute('class', 'info');
  
      // 属性コンテンツを取得し、情報スパン内に配置します
      const text = this.getAttribute('data-text');
      info.textContent = text;
  
      // icon を入れる
      let imgUrl;
      if(this.hasAttribute('img')) {
        imgUrl = this.getAttribute('img');
      } else {
        imgUrl = 'img/default.png';
      }
  
      const img = document.createElement('img');
      img.src = imgUrl;
      icon.appendChild(img);
  
      // Shadow DOM に適用する CSS を string で作成します
      const style = document.createElement('style');
      console.log(style.isConnected);
  
      style.textContent = `
        .wrapper {
          position: relative;
        }
        .info {
          font-size: 0.8rem;
          width: 200px;
          display: inline-block;
          border: 1px solid black;
          padding: 10px;
          background: white;
          border-radius: 10px;
          opacity: 0;
          transition: 0.6s all;
          position: absolute;
          bottom: 20px;
          left: 10px;
          z-index: 3;
        }
        img {
          width: 1.2rem;
        }
        .icon:hover + .info, .icon:focus + .info {
          opacity: 1;
        }
      `;
  
      // 作成した要素を Shadow DOM にアタッチします
      shadow.appendChild(style);
      console.log(style.isConnected);
      shadow.appendChild(wrapper);
      wrapper.appendChild(icon);
      wrapper.appendChild(info);
    }
  }
  
  // Element を定義します
  customElements.define('popup-info', PopUpInfo);
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77

index.html

次に html ファイルに上で作成した PopUpInfo コンポーネントを適用します。

<!-- index.html -->
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>web components suburi</title>
  </head>
  <body>
    <h1>web components suburi</h1>
    <form>
      <div>
        <label for="cvc">入力してください
            <!-- ここでコンポーネントを使用している -->
            <popup-info img="https://www.takurinton.com/me.jpeg" data-text="文字を入力することができますホゲホゲ"></popup-info>
        </label>
        <input type="text" id="cvc">
      </div>
    </form>
    <script src="./index.js" defer></script>
  </body>
</html>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21

html には上の JS を読み込んでコンポーネントを使用することができます。こりゃ便利だ。
動き的には img で指定した画像にカーソルを当てると data-text のテキストが表示されるといったものです。

実際にはこんな感じになります。

web-components-demo-after

カーソルを当てるとこんな感じです。
web-components-demo-after

良さそう。こんな感じで Web Components を使用することができます。

カスタムビルトインエレメント

Web Components では既存のタグに is 要素をつけて Web Components を渡すこともできます。
上と同じような構成の JS と html があるとします。

index.js

このような形で作成することができます。文字数をカウントしてくれます。

// index.js
class WordCount extends HTMLParagraphElement {
  constructor() {
    super();

    // 文字数をカウントするエレメントを作成
    var wcParent = this.parentNode;

    function countWords(node){
      var text = node.innerText || node.textContent
      return text.split(/\s+/g).length;
    }

    var count = 'Words: ' + countWords(wcParent);

    // Shadow を作成
    var shadow = this.attachShadow({mode: 'open'});

    // テキストノードを作成し、それに単語数を追加します
    var text = document.createElement('span');
    text.textContent = count;

    // Shadow を加える
    shadow.appendChild(text);


    // カウントを更新する処理
    setInterval(function() {
      var count = 'Words: ' + countWords(wcParent);
      text.textContent = count;
    }, 200)

  }
}

// Element を定義します
customElements.define('word-count', WordCount, { extends: 'p' });
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37

p タグに適用する

<p is="word-count"></p>
1

こんな感じでできました。良さそう。

ライブラリなどなど

ここら辺がある(らしい)
触ってみたい。

  • Bosonic
    • Web開発者の日々のニーズに応えるコンポーネントのコレクション。
  • Polymer
    • カスタム要素の作成するための機能セットを提供している。
  • SkateJS
    • Web conponents を記述するための軽量な Javascript ライブラリ。
  • X-Tagは
    • コンポーネントの開発者にインターフェイスを提供するオープンソースの Javascript ライブラリ。
  • Slim.js
    • ES6のネイティブのクラス継承を利用して、コンポーネントにデータバインディングと拡張機能を提供する軽量なオープンソースの Web components ライブラリ。

まとめ

まだお触り程度なのでこれから深めていきたいです。

知ってるものも含めてここらへんのリンクをたどっていきたい。

また、GitHub のレポジトリ も漁っていきたい。